聴診器を肩に下げている看護師

不妊改善の治療を受ける

不妊クリニックのすすめ

手を差し伸べている

不妊とは、一般的に結婚して夫婦生活を営み、2年経過していても子供ができない状態をさします。最近では、晩婚化や食生活やライフスタイルの変化など、様々な理由で男女ともに不妊率が上がっていると言われています。不妊治療は早ければ早いほど良いと言いますが、実際不妊を理由に産婦人科へ行くのは敷居が高く、躊躇してしまうことが多いようです。また、費用が高額とのイメージも多いようです。しかし、不妊専門のクリニックの方が、専門知識や経験を持った先生が多く、まず自分が不妊かそうでないのか、の判断を的確にしてもらえますので、不妊専門クリニックがおすすめです。大阪にも不妊治療専門のクリニックはたくさんありますので、インターネットで検索してみましょう。費用についても、保険適用のある範囲での検査や治療もありますので、病院に確認してみると良いでしょう。

大阪市の費用助成制度不妊治療開始

さて、不妊治療を始めると決まれば、費用面が心配になります。体外受精や顕微授精は保険適用がなく、平均的費用が30万円から50万円という非常に高額なものであるため、諦めてしまうケースも多々存在します。そんな夫婦に対して、大阪府は特定治療支援事業として、特定の不妊治療に対する助成をしています。大阪市や堺市など、一定の市在住の方は、大阪府の助成制度を受けることができませんが、同様の助成を市から受けることができます。この助成制度により、治療に応じて、7万5千円から15万円の助成を受けることができます。もっとも、年齢による区分があり、40歳に入っての治療の場合には、回数制限が40歳以下の場合より多く課されます。また、平成28年より治療開始時点での妻の年齢が43歳以上の場合には、助成が適用されなくなります。この意味でも、不妊治療の開始は、早ければ早いほど良いと言えるでしょう。その他、助成の条件については、大阪府のホームページに詳しく書かれてあります。